お客さまのニーズを的確に把握し、
技術と情熱で信頼に応えます。

安全は人の命にかかわる事であることはもちろん、品質問題としてとらえ、
最優先課題として様々な事例の教育を実施し、PDCAのスパイラルを廻し続けます。

工事、製品、会社の存立にかかわる法令・規制事項についてはそれを遵守します。

顧客依頼事項の確実な把握と文書化により工事の価値をしっかりとレヴューし
正しい工事、製品を提供します。

工事後の顧客満足度の調査を行い次のステップに挑戦します。

品質不適合のある場合は社内でそれをすぐさま共有し全員の経験とし、
PDCAのスパイラルを廻し続けます。

安全・品質・社会的課題等克服されるべき問題について、
メール連絡網を構築し即座に社内全員共有する体制をとっております。